ドクター

怖い病気|発症数が多い脳梗塞は初期症状を見逃さないことが重要

骨に出来るがん

医者

骨肉腫は、若い世代に発症が多くどちらかという男性に罹患者が多い比較的まれな病気です。膝周辺に症状が出ることが多く、骨の痛みが主な症状になります。運動中や運動後に症状が出やすいので、気付いたら早めに病院を受診します。

もっと詳しく

頼れる存在を

患者

風邪を引いた時に、頼りになるのが内科です。また、かかりつけ医がいれば、なおさら頼りになります。梅田にお住いなら、通いやすいように梅田駅周辺でかかりつけ医を探すことが大切です。そして、患者とのコミュニケーションを大事にしているかどうか、周囲の意見も参考にしながら、自分に合う内科を探すことが必要です。

もっと詳しく

急に起こる病気

困る女性

急いで病院に

脳梗塞とは、脳卒中の中のひとつです。脳の血管が詰まることによって、脳の一部が死んで機能しなくなる病気です。脳卒中のなかでも、脳梗塞を発症する方が多いと言われています。症状としては、右半身か左半身のどちらかに麻痺が起こります。その他の症状としては、言葉が上手く出なくなったり、めまいや物が二重に見えることもあります。脳梗塞が起こると、予後に後遺症が残って日常生活において介護が必要になることが多いです。そうならないためには、脳梗塞の症状が出た場合に急いで救急車を呼ぶことが最も重要です。専門病院では、脳梗塞が起きてから4〜5時間の間なら出来る血栓溶解療法という治療が出来ます。このことから、症状について知っておくことも必要です。

診断方法

脳梗塞の症状だと疑われる場合、アメリカの脳卒中協会では症状と時間が重要なことから、その頭文字をとって「FAST」と呼ばれています。FのFaceは顔という意味で、笑顔にゆがみがないか確認します。次のAはArmで手のひらを上にして両腕を肩まであげて目をつむります。下がってこないかを見ます。SはSpeechで、短い文章をスムーズに話せるか確認します。TはTimeで発症した時間です。治療までのスピードが重要な病気ですので、いつから症状が出ているのか確認します。脳梗塞の治療と同時に、リハビリテーションもとても大切なものです。出来る限り早いうちからリハビリテーションを始めることによって、関節が固まるのを防ぎます。

大腸の異変の対応

看護師

大腸がんは近年増えてきていますが、大腸になんらかの異変を感じたならば、すぐに専門医に診てもらい、早期に処置をすることが大事です。早期発見の場合には完治する可能性も高い病気ですので、大腸がんと診断されたなら、医師の判断に従い早期に手術等により処置することが肝要です。

もっと詳しく