骨に出来るがん|怖い病気|発症数が多い脳梗塞は初期症状を見逃さないことが重要
ドクター

怖い病気|発症数が多い脳梗塞は初期症状を見逃さないことが重要

骨に出来るがん

医者

膝周辺に出来る

骨肉腫とは、骨に出来るがんのことで膝周辺に出来ることが多いです。がんは悪性のものであり、日本では罹患者が少ない稀ながんになります。それでも、不治の病ではないので早期発見が出来れば治すことも可能です。基本的には、がんが出来た部分の骨を除去することが根本的な治療となっています。化学療法を合わせることもあります。骨肉腫は、20歳になるまでの若い世代に発症が多い病気であり女性よりも男性の方が発症率が高いです。高齢でも稀に発症することもありますが、多くは成長期に発症するので症状に気付きにくいことがあります。膝周辺に発症が多いですが、他にも肩関節や股関節など体の中でも特に関節部分に発症しやすいと言われています。

骨の痛みに気をつける

骨肉腫になると、主な症状として骨の痛みがあります。骨の痛みはズキズキすることもありますが一般的にはごく軽いものなので、なかなか自分で骨肉腫であることに気付くということは難しいですがなんとなくちょっとした痛みを感じることがあります。特に運動をしている最中や運動後に痛みを感じることが多いと言われています。またその他にも、腫れたり関節が曲がりにくくなったり進行して骨がもろくなるとすぐに骨折することがあります。そういった症状を見逃さずに、いつもと違った感じがしたらすぐにでも病院に行く必要があります。整形外科や形成外科で治療が可能となるので、異変に気付いたら少しでも早く受診して診断を受けるようにします。